不要なカメラの行方

カメラ使わなくなったカメラをどうしよう、と悩んだことはありませんか?また、押し入れやタンスの中に眠っているカメラはありませんか。そのようなカメラを、思い出がつまっているから捨てたくない、まだまだ使えるけど新しいのがある…、という場合、買取りサービスを利用して、新しい買い主に大事に使ってもらう、という方法があります。どうせ捨ててしまうなら、少しの金額でも売って新しい持ち主の元でまた活躍してもらいましょう。

買取りサービスには、買い取れる商品と、買い取ることができない商品があります。また、何十円という買取り価格から、何万円という高額な買取り価格になるものまで様々です。では、買い取れるカメラと買い取れないカメラの違いや、どのようなカメラが高額で買い取ってもらえるのか、査定額はどのようにして決まるのかなど、買取りの際に知っておきたいポイントをいくつか見ていきたいと思います。

まず、買い取り専門店に持ち込まれる主なカメラには、家庭用でおなじみのコンパクトデジタルカメラや、本格撮影もできアマチュアカメラであるミラーレス一眼カメラ、プロの方まで使用するデジタル一眼レフカメラがあります。どれも買取りはしてもらえますが、高価なデジタル一眼レフカメラに対して、もともとの定価が安いコンパクトデジタルカメラやミラーレス一眼カメラは買取り価格も安くなります。また、デジタル一眼レフカメラは性能に大きな幅があるので、買取り価格も大きく変わってくるでしょう。他にも、フィルムカメラがありますが、デジタルカメラが主流の現在では、なかなか買い取ってもらえないことや、ほぼ無料のような査定価格がつくと思っていていいかもしれません。